体臭・口臭を抑える方法

体臭・口臭を抑える方法|男性の体の臭いニオイを消す方法

症状1

「自分の体から悪臭が出てる気がする」

症状2

「他人に臭いと思われていたらどうしよう」

症状3

「実際に臭いと言われた」

自分の臭いというのはなかなか自分では気づくことができません。ですが、体臭や口臭の原因を知っていれば予防にもなりますし、抑えることもできます。

このページでは体から発するさまざまな臭いの原因や臭いを消す方法をまとめていますので、自分の口臭や体臭が気になる人は参考にしてみてください。


1.口臭の原因と改善方法

口臭
口が臭くなる原因には次のようなものがあります。

口臭の原因1、下の汚れ(舌苔)が溜まっている

舌苔
舌の表面には食べカスや表皮のカスなどに細菌が繁殖してできます。それを舌苔(ぜったい)と呼びます。基本的に舌苔は白いですが、タバコを吸っていたり口内環境の影響で黄色くなることもあります。

この舌苔が口臭の原因になります。また、口呼吸などで口内の唾液量減って乾燥することも舌苔ができる原因になります。

【対策】舌苔を取る方法
舌苔を取るには舌専用のブラシを1日1回起床してすぐに使用することが効果的です。

舌ブラシ
気になるからといって1日に何度もおこなうと舌への負担が大きくを傷つけることになります。

また、歯ブラシで舌を磨いてはいけません。刺激が強すぎて舌を傷つけます。

口臭の原因2、虫歯がある

虫歯
虫歯ができるとそこに穴ができ、食べカスが詰まります。虫歯の穴に入ったそれらは歯磨きでは完全に取り除くのが困難です。そしてそれが発酵・腐敗することで悪臭が発生します。

また、虫歯が進行すると歯の神経が腐ったり、化膿することでも口臭が発生します。

【対策】虫歯による口臭を防ぐ方法
虫歯による口臭は虫歯を治すしかありません。虫歯はまだ初期の段階では次の方法で治せることもあります。
・重曹水でうがい
・歯にフッ素を塗る
・歯間ブラシ
・キシリトールガムを噛む


口臭の原因3、歯槽のう漏(歯周病)

歯槽のう漏
歯槽のう漏とは歯茎に細菌が入り込み炎症を起こす病気です。歯槽のう漏の口臭はたまごが腐ったような臭いと言われます。

【対策】歯槽のう漏による口臭を防ぐ方法
歯槽のう漏による口臭を改善するには、まだ軽度の段階では市販の歯槽のう漏用歯磨き剤の使用で治すことができます。
歯磨き剤
しかし、ある程度進行が進むと自分で治すことはできません。早めに歯医者さんへ行くようにしましょう。

口臭の原因4、口内の乾燥(ドライマウス)

ドライマウス
口の中が乾燥すると酸性になり細菌が増加し口臭が強くなります。

【対策】ドライマウスによる口臭を防ぐ方法
口内の乾燥の対策は、頻繁に水分で口の中を潤したり、ガムやタブレットで唾液を出すようにしましょう。


口臭の原因5、胃腸機能の低下

胃腸機能
腸内環境が悪かったり、便秘や下痢の場合に口臭が強くなります。

【対策】胃腸機能の低下による口臭を防ぐ方法
腸内環境による口臭を改善するにはビフィズス菌などを摂るようにして悪玉菌を減らすことで腸内環境を整えることができます。

口臭の原因6、ストレス

ストレス
ストレスが溜まると脳の司令塔である自律神経のバランスが崩れます。そして唾液が出にくくなることで口臭が発生します。

【対策】ストレスによる口臭を防ぐ方法
ストレスによる口臭の対策としては、まずストレスになっている根本の根本を改善することが重要です。水分補給やガムなどで口内を潤わせること。


口臭の原因7、蓄膿症

蓄膿
蓄膿症は鼻の中に膿が溜まることで口臭が発生します。

【対策】蓄膿症による口臭を防ぐ方法
蓄膿症による口臭を改善するには蓄膿症を治すしかありません。蓄膿症は抗菌薬を塗ることで治すことができますので、蓄膿症かと思ったら速やかに病院で診察しましょう。


口臭の原因8、空腹

空腹
空腹になると唾液の分泌量が減ったり膵臓から分泌される膵液のせいで口臭がきつくなります。

【対策】空腹による口臭を防ぐ方法
これは何かものを食べたり、飲み物で口内を潤すことで解消できます。

自分に口臭があるかチェックする方法

自分に口臭があるかを確認するには次の方法が最適です。

【紙コップを使う】
紙コップ内に息をハァーと吐きます。漏れないように一度蓋をします。そして蓋を空けニオイを嗅いでみます。

【口臭チェッカーを使う】
口臭チェッカーという口臭を数値で測れる測定器を使用します。3~4千円で売られています。

【家族に確認してもらう】
他人だと恥ずかしかったり気をつかわれて嘘をつかれてしまうことがありますが、家族などの身内だとあなたのことを思って本当のことを言ってくれるでしょう。



2、頭皮が臭う原因と改善方法

頭皮が臭い

頭皮が臭くなる原因

頭皮が臭くなる大きな原因は皮脂の過剰分泌による皮脂の酸化です。皮脂が必要以上に多く出ると時間とともに皮脂が酸化します。そしてそれをエサとする細菌が集まることで悪臭を発します。

皮脂が過剰に出る原因は「洗髪をしない」「洗髪しすぎ」「刺激の強いシャンプーの使用」「シャンプーの洗い残し」「トリートメントや整髪料が頭につく」「食生活の偏り」「男性ホルモンの過剰分泌」などです。

【自分で頭皮の臭いを確認する方法】
・指で頭皮をこすってから嗅ぐ
・髪の毛や頭皮がべたついていないか確認する
・使用している枕や帽子のニオイを嗅ぐ
【頭皮の臭いの改善方法】
頭皮のニオイを改善するには「頭皮を清潔に保つ」「シャンプーは1日1回までにする」「頭皮に優しいアミノ酸シャンプーを使う」「魚や野菜中心の食事にする」などが効果的です。

3、耳の裏や首筋の臭い(加齢臭)の原因と改善方法

加齢臭

耳の裏や首筋が臭くなる原因(加齢臭)

耳の裏や首筋が臭くなる原因は加齢臭です。加齢臭の正体はノネナールという成分です。これは若者にはあまり発生せず多くの場合40歳頃から出てきます。

皮膚の上の常在菌の分解、または酸化した脂質が分解され発生します。男性の方が発生しますが、女性でも人によって発生します。

【自分で耳の裏や首筋の臭い(加齢臭)を確認する方法】
・使用している枕を嗅ぐ
・着ていた衣類を嗅ぐ
・耳の後ろをティッシュで擦り嗅ぐ
【耳の裏や首筋の臭いの改善方法】
耳の裏や首筋の臭いを改善するには「抗酸化物質を多く摂取する」「専用の石鹸で洗う」「運動で汗をかく習慣を持つ」などが効果的です。

4、脇の臭いの原因と改善方法

脇が臭い

脇が臭くなる原因

脇の臭いには2種類あります。それは「ワキガが原因のもの」「汗が原因のもの」。

どちらも脇から出る汁にがよるものですが、その種類が違います。ワキガはアポクリン汗腺、汗はエクリン汗腺から出ます。

ワキガの原因は主に遺伝か体質です。脇汗臭は汗が酸化して発するニオイです。

【脇の臭いの改善方法】
ワキガを改善するのに最も効果的なのには病院やクリニックでの治療です。

施術法は各クリニックにより異なりますが「ボトックス注射」「皮下組織吸引」「レーザー治療」「完全摘出法」「電気凝固法」などがあります。

また、根本的な治療法にはなりませんが、専用の石鹸やデオドラントクリームで臭いを抑制することもできます。

脇汗の臭いを改善するには「汗をかきにくい服を選ぶ」「脇を清潔に保つ」「専用の薬用石鹸を使用」「デオドラントクリームをつける」ことが効果的です。


5、足の臭いの原因と改善方法

足が臭い

足が臭くなる原因

足の臭いは足の皮膚や皮脂が蒸れて酸化し雑菌が繁殖し、その雑菌から出る排泄物が悪臭になります。その臭いの元は「イソ吉草酸」という脂肪酸の一種です。

【足の臭いの改善方法】
すでに臭い足の臭いの対策としてはすぐに殺菌成分のある石鹸やボディソープで洗うことが一番です。

それができない場合は「柔軟剤で洗った靴下を履く」「予備の靴下を持つ」「消臭予防の靴下を履く」「通気性の良い素材の靴を履く」「デオドラントクリームをつける」「靴に消臭パウダーをつける」などが効果的です。


6、普段から気をつけるの体臭対策

日常生活の中でで体臭がきつくなる原因は「肉やニンニクなどが多い食事」「ストレス」「不衛生」「疲労」です。

【普段から気をつける体臭改善方法】
体臭改善の基本的な4大原則は「魚や野菜を多く摂る」「規則正しい生活」「清潔を保つ」「ストレスを溜めない」ことです。

7、ニオイが持つ影響力を侮るな

懐かしいニオイを嗅ぐことその時の情景や感情がはっきり思い出されるような経験をしたことはありませんか?

または、その場に人がいなくてもそこに好きな人の香水のニオイを感じた時、ドキドキしたことはありませんか?

ニオイが脳に残す影響力というのは非常に大きなものです。 今の例えはどちらかというとニオイに関した良い印象ですが、その逆も存在します。

あなたが不快だと感じるよう臭いを発している人に毎日会っていたら、おそらくあなたはその人のことを生理的に受けつけなくなるでしょう。

その人がいくら良い人でも、ほとんどの場合あなたがそこからその人に好意を持つまで発展することはありません。

人間というのは五感から受ける情報から無意識的に相手のことを判断しています。無意識的というのはDNAに書き込まれた潜在的な本能ですので、1度インプットされたらそう簡単には変えることができません。

つまり、あなたがもし相手にとって不快な臭いを体から発していたら、あなたは相手に好意を持たれることは限りなくゼロに近くなるということです。これは同性にも異性にも言えることですが、特に異性の場合の方が強く出ます。

ですので、できるだけ一般的に嫌われているような口臭や体臭には気をつけたほうが無難です。


男性の身体の悩み解消サイトトップへ