男性更年期を治す方法

男性の更年期障害の原因と治し方|辛い更年期の症状を治す

症状1

「40歳半ばくらいから体力が急激に落ちた」

症状2

「突然顔や上半身が暑くなり火照る」

症状3

「気力が落ちてやる気が起きない」

更年期というと中年女性がかかる症状だという印象を持っている人も多いですが、男性も40代半ばを迎えると更年期障害の症状が出てきます。

その症状は体質や性格によっても人それぞれ全く異なるのが特徴です。このページでは男性の更年期障害の原因やタイプ別にかかりやすい症状例、そして効果的な対策をまとめています。

しっかりと対処をすれば緩和できますので早めに正しい処置をおこないましょう。

このページでは男性更年期障害の効果的な改善方法まとめています。「更年期障害の症状が辛い」という人は参考にしてみてください。

1.様々な男性更年期の症状

男性の更年期障害(LOH症候群)には次のような症状があります。人によってその症状や重さ異なります。
【精力が減退するの主な原因】
気力の低下
筋力・体力の低下
精力の低下
ホットフラッシュ(ほてり)
睡眠障害
不安感や憂鬱症状
疲労感
イライラしやすい
頭痛
筋肉や関節に痛み
食欲不振


2.男性更年期の原因

男性ホルモン量の低下

男性の更年期の症状が起こる原因は、男性ホルモンの分泌量の低下です。この男性ホルモンとはテストステロンと呼ばれるものです。テストステロンは一言で言うと「男性が男性らしくあるための物質」です。

主に筋肉や骨の製造したり、気力や活力を高めたり、ヒゲを生やしたり、精力を強くするといった様々な作用があります。その男性らしくあるためのテストステロンは20代をピークに減少し続け40代半ば頃からその影響が出やすくなるのです。

また、ストレスの蓄積は自律神経をの働きに影響を与えます。自律神経は脳の司令塔で血液循環や臓器機能にも大きく作用しています。そこが正常に作動しなくなることで体に様々な不具合が起きるようになります。

更年期の症状は人によって異なりますが、その原因はほぼ「テストステロンが減ったこと」と「ストレスの蓄積」によるものです。

男性更年期障害の症状を緩和する方法


3、更年期障害が出やすい人と出にくい人の違い

更年期障害の症状が非常に強く出る人とほとんど出ない人が存在します。その違いはなんなのでしょうか?

「更年期障害の症状が出やすい人の特徴」「出にくい人の特徴」は次の通りです。

【更年期障害の症状が出やすい人の特徴】
生真面目
几帳面
完璧主義
せっかち
野心家
運動の習慣がない
【更年期障害の症状が出にくい人の特徴】
マイペース
穏やか
大雑把
運動習慣がある
両方を比べてみると見事にそれぞれが反対の気質だという事がわかります。

つまり「生真面目せっかちタイプで運動習慣がない人」は更年期障害の症状が出やすく、「おおらかで運動習慣がある人」出にくいということになります。

運動は習慣化できますが、40歳を過ぎてから内面的な性格を変えることは意識してもできるものではありません。そこを意識するよりも次に紹介するような更年期対策をしっかりおこなうことで症状を防いだり緩和することができます。



4.自分が更年期障害なのかを知る方法

血液検査

病院やクリニックで血液検査をし、血中テストステロン値を測ることで自分が更年期障害なのかを診断することができます。

更年期障害の症状は多様にあるため、実は違った病気である可能性もあります。気になる場合や症状が辛い場合には早めに病院で専門医の診察を受けるようにしましょう。

5.男性更年期障害の症状を改善する方法

更年期障害の症状を抑えたり緩和するには次のような方法があります。

その1、食べ物

男性ホルモンを増やす食べ物
男性ホルモンであるテストステロンの分泌量を増やす役割がある栄養素を食べ物から日常的に摂取することで男性更年期の症状を抑制したり緩和することができます。

食べ物 効果
牡蠣 亜鉛とタウリンが豊富に含まれています。亜鉛はテストステロンを増幅させる効果があります。また、タウリンは疲労回復効果や亜鉛の消費を低減する効果があります。
牛肉の赤身 たんぱく質と亜鉛がテストステロン生成に効果的です。
鶏肉・豚肉 テストステロン増加に役立つたんぱく質が豊富に含まれています。
うなぎ 亜鉛、ビタミンB6がテストステロン生成に効果的です。
玉ねぎ 含硫アミノ酸がテストステロン合成を促します。
ネギ 男性ホルモンのアンドロゲンの生成を促進します。
山芋 DHEAという男性ホルモン値を上げる作用があります。
アーモンド ビタミンEに抗酸化作用があり細胞の老化を食い止めます。
ニンニク テストステロン分泌を促し精力増強に効果があります。

その2、サプリ

サプリ
毎日の食事から上記のような栄養素を継続的に摂るのが大変な場合は、サプリメントだと手軽にかつ効率的に必要な栄養素を摂取することができます。

男性の更年期障害に効果的なサプリメントは亜鉛、マカ、クラチャイダム、タウリンなどがあります。

その3、病院で治療をする

病院

男性の更年期障害は病院で治療をすることができます。主に減少した男性ホルモンを補充するホルモン補充療法がおこなわれます。

注射、経口薬、塗り薬がありますがとくに筋肉注射をおこなっているクリニックが多いようです。3、4週間に1度をおこない、それを3ヶ月ほど継続し様子を見ながら継続か中断かが決まります。

ホルモン補充療法は副作用に注意が必要です。前立腺癌を患っている方や疑いがある人は使用できません。 男性更年期障害と診断されれば保険は適応され高くても1回2千円程度で済みます。



その4、漢方

漢方

男性の更年期障害にとくに用いられる漢方は八味地黄丸(ハチミジオウガン)です。

主に体の弱った機能を補い体力を充実させる効用があります。体力低下、倦怠感、性機能低下、腎機能低下など老化に伴う不調を回復したい場合に最適です。「ツムラの7番」とも呼ばれます。

漢方はゆっくりと浸透し効果が出るまでは最低でも2週間以上続ける必要があります。

【八味地黄丸の成分内容】
地黄(6.0g)山茱萸(3.0g)山薬(3.0g)沢瀉(3.0g)茯苓(3.0g)牡丹皮(2.5g)桂皮(1.0g)附子(0.5g)


その5、筋トレ・運動

筋トレ

男性の更年期障害の原因は男性ホルモンのテストステロン量の低下ですが、筋トレをすることでテストステロンが分泌されるようになります。そして筋力量が増えることでテストステロンの減少を抑えることになります。

マラソンなどの持久力系の運動や腕立て腹筋などの筋肉部分が小さい場所をトレーニングするよりも筋肉量が大きい太ももなどに負荷をかける筋トレが最も効果的です。

とくにスクワットは道具も必要なく場所も選ばないので簡単におこなえるのでテストステロンを増やすオススメの筋トレです。

もちろんジムなどで専用の器具を使用し全身のトレーニングができる場合はするに越したことはありません。

また、テストステロン分泌の増大にはなりませんが、ジョギングやウォーキングは自律神経を安定させ副交感神経優位になります。つまりリラックスした状態を保ちストレス発散に非常に効果的です。


その6、呼吸方法

呼吸

呼吸を整えることで自律神経が安定し脳がリラックスした副交感神経優位な状態を長く保つことができます。そうすることで血流も良くなりストレスを感じにくくなります。

【自律神経を安定させる呼吸法】
1、まず背筋を伸ばし全身の力を抜きます。
2、そして、ながーくゆーっくりと口から息を出しきります。
3、その後、鼻からゆーっくりと息を吸います。ゆーっくりと10秒ほど続け、その後2、3秒で鼻からさらに一気に吸えなくなるまで息を吸います。
4、吸いきったところで5秒ほど息を止めます。
5、また1へ戻り、それを5回繰り返します。(できる人はそれをずっとおこないましょう)

この呼吸法を開いている時間意識的におこなうことで深い呼吸が身についてきます。実際に実施してみると心が落ち着くのを実感できるはずです。

男性の身体の悩み解消サイトトップへ